[お知らせ] 精算連携APIの提供を開始しました

RODEMは、これまで経費精算系サービスとの連携を順次進めてきましたが、利用者様や導入を検討されている方から「自社の経費精算システムと連携したい」というご要望を多くいただいておりました。
2017年2月21日(火)より、経費精算システムと「RODEM」に蓄積された運賃や経路のデータのシームレスな連携を可能にする「RODEM 精算連携API」の提供を開始しました。


※APIとは
アプリケーションプログラミングインタフェース(Application Programming Interface)の略で、コンピュータプログラムやソフトウェアの機能の一部を他のプログラムで呼び出せるようにしたもの。
今回の場合は、RODEMの精算データを他のプログラムで取り込んで精算作業に活用できるものを用意しました。

「RODEM 精算連携API」を利用することで、自社の経費精算システムと「RODEM」のデータを自由に連携させることができます。これにより、外出時のカレンダー登録から経費精算システムでの交通費申請までの作業の自動化を実現します。

関連:ニュースリリース スケジュール調整から交通費精算を自動化する「RODEM」、 クラウド型経費精算システムと連携できるAPIを提供開始

[お知らせ]:RODEM 2ヶ月無料トライアル申し込み受付中!!
RODEMwebサイトにてお申込みをいただくと、製品版を2ヶ月間無料でお試しいただけます。
この機会にぜひお試しください!


0 件のコメント:

コメントを投稿