RODEMの便利な使い方④:地図の表示&スマホのカレンダーと同期

カレンダーに訪問予定を登録した際、RODEMがタイトルに入力した企業名をデータベースから検索し、住所を特定するという内部処理を行っているのですが、この時に特定した住所を訪問予定の「場所欄」にも登録しています。

データベースにある住所情報が場所欄に入ります

場所欄に住所が入っていることで、カレンダーからその場所の地図を表示させることができます。

住所情報に基づき地図を表示します

また、RODEMと連携するカレンダー(Googleカレンダー、Microsoft Office365 Outlook on the web)のスマートフォンアプリをお使いの場合は、同じ予定をスマートフォンでも確認することができます。

スマートフォンアプリでも経路を確認

地図も表示できます

移動予定に入っている経路の情報や、地図を見る機能などを移動中に使うと便利です。

[お知らせ]:RODEM 2ヶ月無料トライアル申し込み受付中!!
RODEMwebサイトにてお申込みをいただくと、製品版を2ヶ月間無料でお試しいただけます。
この機会にぜひお試しください!

0 件のコメント:

コメントを投稿