[新機能追加]企業管理者機能をリリースしました

RODEMでは4/28にリニューアルを実施し「企業管理者機能の追加」「ユーザー画面デザインの変更」「ポータルサイトの開設」をしました。

今回は新機能でもある「企業管理者機能」についてご紹介します。


まず、この機能は企業内ユーザーの中でも「管理者」の権限を持つユーザーしか使用できません。
権限を持ったユーザーには、これまでのメニューの下に新機能のメニューが追加で表示されます。
「企業管理者機能」のメニューが追加されます

管理者向けに用意した機能は以下の5つです。

■ユーザー管理
「RODEM」利用メンバーの一覧と、個々の精算に関わるルート選択基準(最安/最早)、定期区間などの登録状況の表示と編集ができます。

■定期区間の一括登録・編集
「RODEM」利用メンバーそれぞれの定期区間をCSVで一括登録・編集できます。

■訪問先マスタ(顧客リスト)の一括登録・編集
企業で管理している訪問先マスタ(顧客リスト)をCSVデータで一括登録できます。

■アクティベーションキー管理
「RODEM」利用メンバーのアクティベーションキー(ライセンスキー)の利用ユーザー数や有効期限、そのキーで連携している経費精算システムなどの連携サービスが確認できます。

■経路検索の企業設定
企業の交通費の支給規定に合わせられるよう、経路検索の設定を変更できます。
※設定項目の例:
利用できる交通手段の指定(空路、有料特急など)、移動ルート基準(最安/最早)、運賃種別(ICカード/現金)、特急利用時の指定席/自由席設定など

いずれも、社内で多くのメンバーがRODEMを利用する場合の利便性を向上させるための機能で、業職の割合が多い企業や従業員数が多い中小〜大企業からのご要望を受けて追加いたしました。

RODEMポータルサイトにて申込受付をしている無料トライアルでも管理者機能までお使いいただけますので、この機会にお試しください。





0 件のコメント:

コメントを投稿