2/14 にアップデートを実施し、 RODEM が企業検索の結果を提示する際に、ユーザー全体の検索結果の傾向を反映するようになりました。

[新機能追加]RODEMが学習した企業検索のデータを、企業検索結果に反映するようになりました



2/14にアップデートを実施し、RODEMが企業検索の結果を提示する際に、ユーザー全体の検索結果の傾向を反映するようになりました。

RODEMの企業検索機能は、アポ予定のタイトルに入力した行き先名を元に検索し、該当する企業を行き先とします。

入力された行き先名から企業を検索(※クリックで拡大)
行き先名によっては複数の行き先が候補となる場合もありますが、その場合は独自ロジックにより妥当と思われるものを検索結果として提示していました。
(提示されたものが行きたいものと違う場合は変更が可能。かつ、次回以降は変更後のものを優先)


今回のアップデートで、過去にユーザーが検索して決定した企業をRODEMが学習し、複数の行き先が候補となる場合にRODEMが提示する行き先の結果に反映するようになります。
すでに、各ユーザー単位では「検索結果の前回考慮」が効くため、使うたびに最適化されるようになっていますが、同じ企業検索を初めて行ったユーザには過去の企業検索→決定の傾向を踏まえた(ある程度の最適化が進んだ)結果を提示できるようになります。